産後にタバコを吸いたい…授乳中だけどアイコスを使っても大丈夫?

赤ちゃん,タバコ,害アイキャッチ

ご訪問ありがとうございます。管理人のみやびです。

妊娠中に頑張って禁煙したママや、喫煙経験のあるママは、産後に「どうしてもタバコが吸いたい!」という気分になることがあるようです。

私もそうでした。

私は20歳の頃から喫煙者でしたが、結婚する前に禁煙に成功。

タバコを吸わなくなってかれこれ6年くらい経ちます。

妊娠中はもちろん、子育て中も一切吸いたいと思わなかったのに、唯一吸いたくなったのが「産後」でした…

■産後のママはイライラしてしまう!

泣く赤ちゃん

言い訳するようですが、産後はホルモンバランスが滅茶苦茶になるんです。

これまでお腹の中にいた赤ちゃんが、急に出ていくのですから当然ですよね。

お腹の中からいなくなった寂しさや、3時間おきの授乳、出ない母乳を無理に出さなければというプレッシャーなど本当に沢山の不安や寂しさ、イライラなどが入り乱れます。

また、産後のママはおっぱいを作ろうと、これまたホルモンの動きが活発になります。

つまり、産後のママがイライラしてしまうのは、ホルモンが大いに関係しているとも言えるんです。

これはもう仕方のないことですよね。

それに加えて赤ちゃんのお世話…

1人目の時は全然余裕がなく、私は常にイライラしっぱなし、でも眠れない…という状況で本当に頭がおかしくなりそうでした。

そんな時にふと、同居している義父のタバコが目に入りました。

「1本だけ吸いたい…」そう語りかける声が聞こえました。

でも、「1本だけ」が「100本」になるのは、これまでの経験から重々承知していましたので、鉄の意志で誘惑をはねのけました(笑)

でも、産後1か月くらいはタバコの味が恋しくて仕方なかったです。

同じように悩んでいるママもいるかと思います。

こういう時期にあの「アイコス」のことを聞くと吸ってもいいのかな?と思っても仕方ありませんね。

次世代タバコ「アイコス」が大人気!

あなたは「アイコス」という次世代タバコのことを、ご存知ですか?。

アイコス
出典:http://item.rakuten.co.jp/rush-mall/iqos-002/

アイコスは、タバコと同じでタールやニコチンが含まれていますが、燃やした煙を吸うのではなく、いぶして発生した水蒸気を吸い込むので、有害性成分の大幅な削減に成功しています。

タールは約9割削減、一酸化炭素に至ってはほぼゼロです。

ただし、ニコチンだけは普通のタバコと変わりません。

でも、アイコスのように有害物質が少ないタバコであれば、授乳中でも吸う事が出来るんじゃないの?と思いますよね。

しかもアイコスは、副流煙がほとんど出ません

先述した通り、水蒸気を吸い込むので副流煙の心配はほとんどないのです。

その点においても、赤ちゃんがいるご家庭では非常に魅力的ですよね!

「産後タバコを吸いたいけど、乳幼児突然死症候群のリスクも上がるし、授乳中だし吸えない…でもアイコスなら大丈夫なんじゃないかな?」と思っているママさん、果たして授乳中でもアイコスを使って大丈夫なのでしょうか?

 

■授乳中にアイコスを使ってもOK?

アイコスは発売されてから、まだそんなに経っていないタバコです。

確かに副流煙の心配も少なく、低温でいぶすことによって有害性成分を大幅に削減していますが…人体にどのような影響があるのかどうかはまだ未知数です。

ですので今言えることは、アイコスは今の段階では「普通のタバコよりかは多少マシ」ということだけです。

それに、アイコスはれっきとしたタバコです。

ニコチンに至っては、普通のタバコと同等の量が含まれています。

赤ちゃんに影響が全くないと言われれば…それはウソになるでしょう。

もしどうしてもタバコを吸いたいのであれば、アイコスを吸ったあとすぐに授乳をしない、アイコスを吸う時は絶対に赤ちゃんの側で吸わない、ということに気を付けてください。

しかし、いちばんなのは禁煙することです。

産後イライラする気持ちはよく分かりますが、赤ちゃんにおっぱいをあげる授乳時期は、あなたの長い人生の中でほんの一時期です。

ほんの一時期の間だけでも、タバコを我慢してみませんか?

禁煙 (2)

それはきっと、あなたや赤ちゃんのためにもなると思いますよ。

今アイコスが大人気♪副流煙の心配はないの?子どもへの影響は?

2016.07.02

★最後までお読みいただきありがとうございました★

当ブログでは、妊娠中にタバコを止められない方やタバコの副流煙に悩む妊婦さんの為に、タバコを吸うリスクや副流煙から受ける影響などを考え、お腹の赤ちゃんの為に最大限出来ることをご紹介していきます。

私も妊娠中、旦那さんのタバコの副流煙に悩みました。

だからこそ分かることもあると思うので「役に立った」「いいな」と思う内容があれば、お気軽にSNSボタンで拡散していただけるとうれしいです(*^^*)

関連記事はこちら♪