ヘビースモーカーだった30代ママが禁煙に成功した方法とは?

禁煙体験談②

ご訪問ありがとうございます。管理人のみやびです。

ヘビースモーカーの人って私の周りにも結構いますが、
禁煙するのは、なかなか大変なようです。

そもそも禁煙しようとも思っていない方がほとんどなので、
周りの忠告にも耳を傾けない…

しかし、「お腹を痛めて産んだわが子に悪影響を与えてしまう」ことを考えれば、
キッパリと止められるんですね!

(禁煙がうまくいく方法があればいいのにな・・・)

そんな風にいつまでも悩んでいるあなたへ、禁煙するキッカケになるといいなという思いから、
禁煙に成功したママやパパたちの体験談を、ご紹介しています。

今回は、ヘビースモーカーだったという30代前半のママからの体験談をご紹介しますね!

 

埼玉在住・30代前半のママ ベビースモーカーが禁煙に成功した体験談

Q1.禁煙したのはいつですか?

子供が1歳過ぎてから

 

Q2.禁煙しようと決意したキッカケは何でしたか?

禁煙しようと決意したキッカケは、夫やその両親に禁煙をしたほうが良いと言われたからです。

喫煙する前はヘビースモーカーで1日に2箱は必ず吸っていました。

夫やその両親は特にそのことについて何も言わなかったのですが、
子供が1歳を過ぎたあたりからあまり吸わないほうが良いのではないかと言ってきたんです。

子供の受動喫煙も心配だし、今後の私の健康に対しても問題があるといけないとのことでした。

たしかに子供に対して悪影響があってはいけないと思って禁煙することにしました。

 

Q3.自分から進んで禁煙しようと思いましたか?
それとも、周りから言われて禁煙しましたか?

家族から言われた

 

Q4.禁煙に成功した方法を詳しく教えてください。

どのように禁煙したのかについてですが、まず最初にしたことは
煙草やライターなどを思い切って捨ててしまいました。

あと1本だけ吸いたいという気持ちが出てきてしまうので、
すっぱりと辞めるための手段です。

ただ、これだけでは不十分でした。

普段吸っている煙草が口にないことから、口がとても寂しい状況になるのです。

そこで口が寂しくならないように、煙草が吸いたくなったら
ガムを噛んだり飴をなめる
ようにしました。

これによって禁煙に徐々に慣れてくるようになりました。

ですが、ずっとガムを噛んだり飴をなめているわけにはいきません。

そこで、合間合間に歯磨きをしたりマウスウォッシュをして、
口の中をリフレッシュするようにしました。

口の中がリフレッシュされると、煙草を吸いたいという気持ちがスーッとおさまりました。

ここまでしてほぼ禁煙に成功したのですが、やはりヘビースモーカーだったこともあって
「煙草を吸いたい!」という気持ちがフッとよぎる時があります。

そんなときのために電子煙草を購入していて、たまに使うようになりました。

電子煙草のおかげで煙草を吸ったような気分になれますし、
いろいろな香りが楽しめるので十分満足してます。

だから今は煙草には手を付けていません。

妊娠中のタバコが止められない方におすすめの禁煙グッズはこれ!

2016.04.02

 

Q5.今でもタバコを吸いたいと思いますか?
または吸っていますか?

今でも時々タバコを吸いたいと思う

 

Q6.禁煙してよかったことは何ですか?

禁煙してよかったなと思うことは、健康になったことです。

健康になったというのは実感としてあって、それはよく眠れるようになったからだと思います。

喫煙しているときは、眠りがとても浅くて2時間くらい眠るとすぐに起きてしまう感じでした。

常に寝不足感がありましたし、体調もいつもあまりよくない状態でした。

ところが禁煙してからというもの、1度眠りについたら5時間くらいは目が覚めないようになりました。

そのおかげで起きたときにスッキリ爽快な気分になりますし、体調がすこぶるよくなりました。

あと、よく眠れるようになったことによって肌の状態も良くなったと思います。

肌荒れとかしやすかったのですが、ほとんどしなくなりましたし、
化粧の乗りもとてもよくなりました。

タバコで老け顔に!?喫煙による美肌へのダメージが禁煙で改善!

2016.06.12

あとは、味覚も改善したと思います。

前は味覚が鈍感になっていたのか味付けが濃いものしかおいしいと感じなかったのですが、
薄味のものでもおいしいと感じるようになりました。

それと家計の面でもすごく禁煙してよかったと思います。

月に煙草によって数万円が飛んでいたので家計は苦しかったのですが、
煙草代が浮いたおかげで生活は多少ですが楽になりました

とにかく禁煙してメリットばかりです。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したママが禁煙を始めたのは、実は子供が1歳過ぎてからです。

実際に子供を産み育てていく中で、ママとしての責任感がしっかり作られていき、
ヘビースモーカーであっても、キッパリ禁煙できたんでしょうね。

子供の受動喫煙の影響だけじゃなく、ママ自身の健康面まで心配した
ご家族のお願いも功を奏したようです。

子供がまだ1歳なのに、もしママがタバコを吸い続けたことが原因で
病気になってしまったら…どれだけ子供に悲しい思いをさせることになるでしょうか?

禁煙に成功して得られた健康面の話を聞くと、
健康を損なうリスクは、できるだけ排除することの大切さが分かりますね!

あなたも、禁煙するのはとても苦しいことだと思いますが、
体験談を読んで、悩み、苦しんでいるのは一人じゃないんだと
感じていただけると嬉しいです。

関連記事はこちら♪

    None Found