妊娠中はカルシウムが大切と言うけど、必要量はどのくらいなの?

妊娠中カルシウムアイキャッチ

ご訪問ありがとうございます。

管理人のみやびです。

妊娠中にママが摂る栄養は、お腹の赤ちゃんにダイレクトに影響する部分がありますので、結構気を使っちゃいますよね。

特に妊娠中は「カルシウムをたくさん摂って!」とよく言われます。

これは何故なのでしょうか?

■妊娠中のカルシウムは、とっても大切!

カルシウムと言えば、骨や歯などの製造や維持に必要な栄養素というイメージが強いですよね。

体内にあるカルシウムの99%はママの骨や歯に蓄積されていて、残りは血液や筋肉、神経内に存在し、心臓機能や筋肉の収縮、血液凝固などの重要な働きに関わっています。

血液中のカルシウム濃度は常に一定になるよう調整されていて、カルシウムが不足し濃度が低くなると、骨や歯などに蓄積されたカルシウムが使われるのです。

妊娠している間は、胎児の骨や歯を作るためにより多くのカルシウムが必要になります。

カルシウムが不足してしまうと、ママの骨や歯に蓄積されたカルシウムがどんどん溶け出して胎児へと運ばれます。

その結果、ママの骨密度は低下してしまうことになるのです。

実際に出産未経験の女性に比べて、出産を経験した女性の方が平均して骨密度が低いという調査結果も出ているほどです。

また、「妊婦さんは虫歯になる人が多い」とも言われていますが、これもカルシウム不足が原因で虫歯になるケースが多いのです。

虫歯

カルシウムが不足すると、歯のエナメル質まで溶け出してしまいますから、必然的にママの歯は弱くなってしまい、結果虫歯になりやすい歯になってしまうのです。

歯についても、出産経験の多い人ほど、虫歯になる確率が高いと言われています。

このように出産後に骨密度が低下したり歯がもろくなったりするほか、カルシウムが不足することで、お腹の赤ちゃんの骨や歯まで弱らせてしまう結果にも成り得るのです!

ほかに、イライラしやすい、肩こりや腰痛を起こしやすいだけでなく、血液の状態や血行にも影響を起こすことから高血圧になりやすいといった心配もあります。

特に妊娠中は「妊娠高血圧症」に注意が必要なため、これを予防する意味でもカルシウムの摂取はとっても大切なんです。

■カルシウムの1日の摂取量は?

妊娠中にカルシウムがとても大切な栄養素であることは、ご理解頂けたと思います。

では、妊婦さんが1日に摂取するべきカルシウムの量は一体どのくらいなのかというと…

妊娠していない時の600mgに対し、妊娠中は1.5倍の900mgが必要になるという計算になります。

数値だけではちょっと分かりにくいので、カルシウムを多く含む食材と合わせて、どれくらい食べるのが理想的なのかをご紹介しますね!

妊娠中カルシウムアイキャッチ
  • 干しエビ10g…約710mg
  • イワシの丸干し10g…カルシウム約44mg
  • 煮干し(カタクチイワシ)10g…カルシウム約220mg
  • 乾燥ひじき10g…カルシウム約140mg
  • 乾燥カットわかめ10g…カルシウム約82mg
  • モロヘイヤ(茹)100g…カルシウム約170mg
  • 小松菜(生)100g…カルシウム約170mg
  • 大根の葉(茹)100g…カルシウム約220mg
  • 牛乳200g…カルシウム約220mg
  • ヨーグルト100g…カルシウム約120m
  • がんもどき100g…カルシウム約270mg
  • もめん豆腐100g…カルシウム約120mg
  • 煎りごま10g…カルシウム約120mg
比較的食卓に取り入れやすい食材ですと、こんな感じでしょうか…

意外と野菜にも多くのカルシウムが含まれているんですね!

大根の葉などは、捨てる人もいるかもしれませんがカルシウムを多く含みますので、味噌汁に入れたりおひたしにするなどして食べるようにしましょう。

カルシウムは、結構意識しないと摂れないものです。

毎日の献立やおやつに、カルシウムを含む食材を取り入れて、妊娠中・産後ともに健康に過ごしたいですね♪

★最後までお読みいただきありがとうございました★

当ブログでは、妊娠中にタバコを止められない方やタバコの副流煙に悩む妊婦さんの為に、タバコを吸うリスクや副流煙から受ける影響などを考え、お腹の赤ちゃんの為に最大限出来ることをご紹介していきます。

私も妊娠中、旦那さんのタバコの副流煙に悩みました。

だからこそ分かることもあると思うので「役に立った」「いいな」と思う内容があれば、お気軽にSNSボタンで拡散していただけるとうれしいです(*^^*)

関連記事はこちら♪

    None Found