妊娠中のタバコとお酒、どちらの方が害がある?

妊娠中 タバコ お酒

ご訪問ありがとうございます!管理人のみやびです♪

 

■妊娠中のお酒の影響とは?

禁酒

妊娠すると「お酒を止めましょう!」と言われますよね。

これは、お酒やビールなどに含まれるアルコールが、胎児の発育に影響すると言われているからです。

この説は誰でも知っていますよね。

では、アルコールがどのように胎児に影響するのでしょうか?

ちょっと詳しくご紹介しましょう!

●アルコールは胎盤を通過する!

飲酒すると、アルコールは血管を通じて胎盤に送られます。

胎盤は、アルコールを完全に除去する効果はありません。

大人の場合、個人差はありますがアルコールを分解する酵素があります。

しかし、赤ちゃんはそのような酵素はありません。

また、胎児の体は大人と比べるととても小さく、細胞分裂の途中の段階です。

成長途中の大切な胎児の体に、少量のアルコールが入ると、胎児は常に酔っぱらった状態になってしまいます。

そうなると、神経細胞も死んでしまいますし、脳の発達も遅れてしまうのです。

 

●胎児性アルコール症候群の危険がある!

胎児性アルコール症候群とは、母体が摂取したアルコールの影響で胎児が受けてしまう先天性疾患のことです。

ざっくり言うと、お腹の中での成長が遅れてしまい、低体重や低身長の赤ちゃんが産まれてくる可能性が高まります。

また、産まれてからの言語の発達や、ADHD(注意欠陥多動障がい)など、知能障がいがあらわれる可能性も高まります。

このように、お酒が赤ちゃんに与える影響は、タバコと同じくらい危険なものなんです。

妊娠中でも、少量なら問題ないとアドバイスする医師もいますが、赤ちゃんに影響が出る可能性があるのであれば、止めるに越したことはないと思います。

それに赤ちゃんが産まれたら、授乳もあります。

アルコールは母乳にも出ますので、授乳中の飲酒もNGです。

妊娠が分かったら、飲酒は控えるようにしましょうね!

■お酒とタバコ、どちらが赤ちゃんに害があるの?

たまにネットで「妊娠中のお酒とタバコ、どちらが赤ちゃんに害があるの?」という質問を見かけます。

タバコ①

この質問に答えるならば、「どちらもお腹の赤ちゃんに影響があります」という回答になります。

タバコによる赤ちゃんへの害は、ネットや書籍、医師や助産師などからさまざまな情報が入るので、もうお分かりでしょう。

受動喫煙(副流煙)はフィルターを通さないので、より危険度が高まります。

一方、お酒の害も先ほど説明した通りです。

「ビールをちょっと飲んだくらい大丈夫でしょう」という考えは、「タバコを1本くらい吸っても大丈夫でしょう」という考えと一緒です。

ちょっとのビールで赤ちゃんに影響が出てしまったら?

たった1本吸っただけなのに、産まれた赤ちゃんに、何らかの障害があったら?

後悔してもしきれませんよね。

目には見えない分、大丈夫と思うかも知れませんが、目に見えないからこそ止めておいた方がいいと言う考えが正しいです。

とにかく妊娠したら「吸わない」「飲まない」が大切ですよ。

ママのストレスがたまる!ということであれば、お酒やタバコ以外でストレス発散が出来るのでぜひお試ししてください。

>>>妊娠中にタバコを禁煙することによるストレスの発散法!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

当ブログでは、妊娠中にタバコを止められない方やタバコの副流煙に悩む妊婦さんの為に、タバコを吸うリスクや副流煙から受ける影響などを考え、お腹の赤ちゃんの為に最大限出来ることをご紹介していきます。

私も妊娠中、旦那さんのタバコの副流煙に悩みました。

だからこそ分かることもあると思うので「役に立った」「いいな」と思う内容があれば、お気軽にSNSボタンで拡散していただけるとうれしいです(*^^*)

関連記事はこちら♪

1 個のコメント

  • 目に見えり障害ではありませんが、知能には影響があったかもしれません。3姉妹の母ですが、長女は一番初めの子でしたので いろいろと心配して禁煙しておりました。次女三女については控えめながらも喫煙しておりました。結果、長女は成績優秀でした。下の二人は恥ずかしながら成績はかなり下の方でした。偏差値でも長女は70以上、二人は40後半から50くらいの間をふらふらしていた感じでした。
    3人とも成人しましたが、娘達が妊娠して、今更ながら影響があったかもしれないと考えました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。