妊娠中に家族のタバコの副流煙から受ける影響とは?

副流煙

ご訪問ありがとうございます!管理人のみやびです♪
「受動喫煙は喫煙者よりも害が大きい」という認識は、もはや常識となっています。

しかし、それはどういった影響があるからなのでしょうか?

私も旦那さんの副流煙にものすごく悩んできたので、改めて考えてみたいと思います。

■副流煙の影響は怖い!

副流煙

タバコの煙は、喫煙者が吸う「主流煙」、タバコに火をつけた際に燃えて出る「副流煙」、喫煙者が吐き出した煙の「呼出煙」の3種類に分かれます。

キセルで吸うタイプのタバコなどを除く、ほとんどのタバコには一般的にフィルターが付いています。

タバコのフィルターは、煙をろ過する働きがありますので、タールやニコチンを減らし、味をまろやかにする効果があります。

一方、副流煙はフィルターの効果がないので、タールやニコチンを含む量は当然多くなります。

呼出煙は副流煙よりはマシですが、主流煙と同等の影響があると言われています。

主流煙を「1」とした場合の、副流煙の成分の倍率は以下の通りです。

・ニコチン(血流の悪化など):2.8倍

・タール(ヤニ、発がん性物質):3.4倍

・一酸化炭素(酸欠になる):4.7倍

・アンモニア(目を刺激する):46.0倍

・ベンツピレン(発がん性物質):3.4倍

・ニトロソアミン(発がん性物質):31.0倍

何と、全てにおいて倍以上の影響があることが分かりますね!

正直、びっくりされた方も多いのではないでしょうか?

アンモニアに関しては、かなり高い数値になっています。

そういえば、タバコの煙が目に入ると、目がかなり痛くなった経験があります。

私は喫煙者でしたのでよく分かりますが、喫煙所でタバコを吸っている時に他の人のタバコの煙が目に入ると、すごく痛かったことを覚えています。

タバコはフィルターを通すと酸性になりますが、フィルターを通さないとアルカリ性のままなので、目や鼻の粘膜をかなり刺激してしまうのです。

副流煙がいかに害があるか、お分かり頂けたかと思います。

では、妊婦さんに与える副流煙の影響についてはどうなのでしょうか?

■妊婦さんの、受動喫煙による副流煙の影響は?

受動喫煙の怖さは、前述した通りです。

そう、喫煙者の妊婦さんよりも、ご家族など配慮のない喫煙者のほうが悪影響を及ぼすことになるんです!

ご存知の通り、妊娠中のタバコは流早産の原因になったり、胎児が低体重になったりする確率が上がります。

また、無事に産まれたとしても乳幼児突然死症候群の原因になることが指摘されています。

さらに妊娠中のタバコは、産まれた赤ちゃんが将来的にADHD(注意欠如多動性障害)となる確率が上がるというデータもあります。

受動喫煙をすることにより、これらの確率が高まるのははっきり言って迷惑極まりないことですよね!

ここ数年の間に、世間はすっかり分煙となりました。

分煙されていないのは、昔ながらの喫茶店くらいだと思います。

ファミレスでは一応分煙はされていますが、完全に仕切っていないので、座る場所によってはバンバン煙が飛んできますが><

とにかく、喫煙者にとっては、外ではかなり吸いにくい環境になったことは確かです。

非喫煙者にとっては非常にありがたいことですよね。

しかし、自宅ではどうなのでしょうか?

旦那さん、愛する奥様があなたの大切な子供を妊婦しているのに、普通に家の中でタバコを吸っていませんか?

換気扇の下で吸ってもダメですよ。

ベランダや外で吸うという方法もありますが、結局煙は入ってくるんですよね…

まさか、吸殻を奥様に掃除させていませんよね?

妊娠中タバコ3

妊婦さんとお腹の赤ちゃんを守りたいのであれば、ご家族は禁煙することをおすすめします。

禁煙がムリであれば、家の中では絶対吸わない、吸うなら外で吸ってもらうくらいのことはお願いしましょう。

産まれた後も、タバコの煙は赤ちゃんにとってはかなり有害ですよ。

タバコの煙はPM2.5の原因のひとつです。

PM2.5の有害物質を、かなりの量吸い込んでいるということにもなりますよね。

しかも至近距離で…

妊娠中のママは、お腹の赤ちゃんや自分たちの健康のためにも、家族に喫煙者がいる場合は勇気を出して禁煙するように言ってみて下さいね。

>>>旦那さんがいつもと同じようにタバコを吸いながら少しずつ禁煙できる禁煙グッズがあります。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

当ブログでは、妊娠中にタバコを止められない方やタバコの副流煙に悩む妊婦さんの為に、タバコを吸うリスクや副流煙から受ける影響などを考え、お腹の赤ちゃんの為に最大限出来ることをご紹介していきます。

私も妊娠中、旦那さんのタバコの副流煙に悩みました。

だからこそ分かることもあると思うので「役に立った」「いいな」と思う内容があれば、お気軽にSNSボタンで拡散していただけるとうれしいです(*^^*)

関連記事はこちら♪