妊娠中のタバコは本数を減らせば大丈夫?

妊娠中 タバコ 本数

ご訪問ありがとうございます!管理人のみやびです♪

 

■妊娠中にタバコを吸うことのリスクは?

ネットでも妊娠の本でも言われている「妊娠したら(妊娠を考えている人は)禁煙しましょう」という文言。

☆禁煙☆

タバコを吸っているあなたにとっては耳の痛い言葉ですよね。

妊娠するまでずっとタバコを吸っていたのに、いきなり禁煙してと言われても、いきなりやめるのはなかなか難しいものです。

私も結婚する前は喫煙者で、禁煙を何度もチャレンジしたのでわかります。

でも、実際にタバコを吸い続けることで赤ちゃんにどんな影響が及ぶのか分かると、怖くて吸いたくなくなるかもしれません。

ではここで、妊娠中にタバコを吸うことによる、赤ちゃんに与えるリスクを挙げてみましょう。

●低体重児、早産の原因となる

妊娠が分かった後もタバコを吸いつづけていくと、胎盤への血流が悪くなり、結果として赤ちゃんの体重が順調に増えず「低体重児」になる確率が上がると言われています。

また、流産や早産の原因にもなるという研究データはいくつもあります。

低体重児になると、抵抗力が弱くなったりおっぱいやミルクを吸う力が弱くなったりします。

また、黄疸もひどくなりがちです。

実は、私は結婚前にタバコをやめていたのですが、結婚した相手、つまり旦那さんがヘビースモーカーだったんです。

恋は盲目といいますが、結婚して妊娠が分かってからが大変でした。

タバコの吸い方が半端ないので一緒に車に乗っても吸うんですよ。

車の中って逃げ場がないですよね・・・

この副流煙を吸ったことが原因か分かりませんが、私の娘は予定日より5日遅く生まれたのに体重は2480gと小さかったのです。

 

●赤ちゃんが低酸素状態になる

タバコにはニコチンや一酸化炭素が含まれています。

ニコチンには血管収縮作用があり、一酸化炭素は血中のヘモグロビンと結合して酸素を取りこんでしまう作用があります。

血管を通じて栄養や酸素を受け取る赤ちゃんが、低酸素になり息苦しくなることは容易に想像できますね。

あなたも、赤ちゃんがお腹の中で息苦しくなっていると想像してみてください。

タバコ止めようと思いませんか?

 

●乳幼児突然死症候群の原因になる

妊娠中にタバコを吸うことのリスクは、妊娠中だけに影響するものでもありません。

妊娠中にタバコを吸うことで、産まれてからの乳幼児突然死症候群のリスクが高まる可能性が示唆されています。

これは、産まれてから禁煙してもリスクはあると考えられています。

あくまでリスクが高くなるというだけなので絶対ではありませんが、愛する我が子のために、不要なリスクは出来るだけ避けてあげたいですよね。

●将来的にADHD(注意欠陥多動性障害)となったり、低身長などのリスクが高まる

ある研究結果によると、妊娠中にタバコを吸っていた人はそうでない人に比べて、子どもがADHD(注意欠陥多動性障害)になる可能性が1.5倍近く高いというデータがあります。

また、低身長になるリスクも高まります。

もちろん、同じ条件でも何の異常もなく、すくすくと大きく育った方もいます。

あなたはこんな不安をあおるようなことを書いて・・・と嫌な気持ちになったかもしれません。

でも、タバコを吸うことで赤ちゃんにとって、あなたにとってプラスになることはありますか?

健康になりますか?

残念ですが、妊娠中にタバコを吸うことは、マイナス要因はあっても、何一つプラスになるような良いことはないんです。

 

■妊娠中はタバコを減らせば大丈夫?

よく「妊娠中にタバコの本数を減らした」という書き込みが見られますよね。

産婦人科医も「禁煙できなければ本数を減らして下さい」というアドバイスする医師もいるようです。

しかし、医師のアドバイスは「禁煙することでストレスになると、お腹の赤ちゃんによくないから」という理由であることがほとんどです。

しかし、禁煙するストレスよりも1本のタバコのほうが赤ちゃんにとっては苦しいというデータがあります。

タバコを吸うと、煙はすぐに胎盤に届きます。

たとえ1日1本でも、タバコを吸うことのリスクは変わらないのです。

胎児はお腹の中で常に細胞分裂をして成長しています。

その時に有害物質が少しでも入ってしまうと、赤ちゃんの成長に弊害が出るのは当然ですよね。

☆タバコ☆

「1本くらい大丈夫でしょう」「タバコ以外にも有害物質はあるし…」という考えは今すぐ捨てて下さい。

その1本が、赤ちゃんの一生に関わるかもしれないのです。

後悔してもしきれないですよね。

妊娠がわかったら、ママはもちろん周りの家族も是非禁煙してほしいですね。

>>>出来るだけストレスを感じずに禁煙する方法は?

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

当ブログでは、妊娠中にタバコを止められない方やタバコの副流煙に悩む妊婦さんの為に、タバコを吸うリスクや副流煙から受ける影響などを考え、お腹の赤ちゃんの為に最大限出来ることをご紹介していきます。

私も妊娠中、旦那さんのタバコの副流煙に悩みました。

だからこそ分かることもあると思うので「役に立った」「いいな」と思う内容があれば、お気軽にSNSボタンで拡散していただけるとうれしいです(*^^*)

関連記事はこちら♪