妊娠中の食事の摂り方や栄養について気を付けるべきこととは?

肉料理

ご訪問ありがとうございます。

管理人のみやびです。

妊娠中の食事は、お腹の赤ちゃんの発育において重要な部分を占める大切なことです。

そのため、妊娠中の食事については、妊娠していない時よりも気を付ける必要がありますね。

■妊娠中、絶対に避けるべきものは2つ!

まず避けるべきものは「タバコ」と「お酒」です。

タバコとお酒

タバコは流産や切迫早産、赤ちゃんの低体重や子宮内突然死、常位胎盤早期剥離など様々なリスクを高める結果になります。

また、妊娠中に飲酒をすることで、赤ちゃんが知的あるいは身体的に発育の遅れがみられるケースが報告されています。

妊娠中絶対に避けるべきはこの2つでしょう。

では、妊娠中に「出来れば」避けたいものとは何なのでしょうか?

 

■妊娠中に出来るだけ避けたいものとは?食べる時の注意点とは?

妊娠中に出来るだけ避けたいものをご紹介します。

また、妊娠中に栄養を摂る際の、基本的な注意点も合わせてお話ししていきますね。

 

●リステリア菌には注意して!

リステリア菌は、ナチュラルチーズ(加熱殺菌していないもの)、肉や魚のパテ、生ハム、スモークサーモンなどにいることが多い食中毒菌のことです。

妊娠中は、一般の人よりもリステリア菌に感染しやすく、赤ちゃんの発育に影響が出ることがあるといわれています。

そのため、リステリア菌が多いといわれているこれらの食品を積極的に摂ることは止めましょう。

リステリア菌は塩分に強く、冷蔵庫内でもゆっくりと増殖しますが、加熱することで予防できますので、食べる際は十分に加熱することが大切ですよ。

妊娠中に食べるものは、出来るだけ火を通すことが基本です。

また、リステリア菌以外の食中毒全般にもいつも以上に気をつけるようにしましょう。

 

●水銀の摂り過ぎはNG!

魚は良質なたんぱく質やDHA、EPAなどの良質な脂肪酸、カルシウムなども多く含む食材ですが、実は、食物連鎖によって自然界に存在する水銀が取り込まれています。

魚を極端にたくさん食べるなど偏った食べ方をすると、この水銀が取り込まれ赤ちゃんに影響を与える可能性があることが指摘されています。

もちろん、妊娠中の人以外でも同じことは起こっていますが、私達が普段の食事で体に取り込んでいる水銀の量は、健康に影響を与えないと考えられる最大量の半分程度。

また体の中に取り込まれた水銀は、徐々に体の外に出ていくため、平均的な食生活をしている限り健康への影響は心配ないのです。

ただ、おなかの中の赤ちゃんは、お母さんが取り込んだ水銀を体の外に出すことができないため、影響が出てしまいやすくなる…というわけです。

しかし、魚すべてに注意が必要なわけではなく、食物連鎖の上位にいる大型の魚が主に挙げられています。

食べる機会が多い魚としては、マカジキ、メカジキ、ミナミマグロ、クロムツ、キンメダイ、クロマグロ、メバチマグロなどが挙げられます。

これらの魚を食べる場合は、1週間に100~200g程度に抑えておくようにすると安心ですよ。

■妊娠中に不足しがちな栄養素は?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに鉄分やカルシウムが優先的に送られるので、これらの栄養素は不足しがちになります。

余程のことがない限り、赤ちゃんが鉄分・カルシウム不足になることはありませんが、まず影響が出るのは妊婦さんであるあなたです。

特に妊娠後期になると貧血になる人は多くなります。

また、カルシウム不足による虫歯やむくみなどの症状も出てきます。

鉄分を効率よく補う食べ物は「赤身の肉」です。

肉料理

また、調理時には鉄で出来たフライパンなどを使用することでも、鉄分摂取は出来ますよ!

カルシウムを効率よく補うには、「小魚スナック」や「ヨーグルト」を食べることです。

意外にも牛乳から摂れるカルシウムは、そこまで多くありません。

妊娠中は全ての栄養素をバランスよく補うことが大切ですが、特にこれらのことに気を付けて栄養を摂るといいでしょう。

>>>手軽にバランスよく必要な栄養素が取れる妊娠中のママのための☆ベルタ葉酸サプリ☆はこちら♪

★最後までお読みいただきありがとうございました★

当ブログでは、妊娠中にタバコを止められない方やタバコの副流煙に悩む妊婦さんの為に、タバコを吸うリスクや副流煙から受ける影響などを考え、お腹の赤ちゃんの為に最大限出来ることをご紹介していきます。

私も妊娠中、旦那さんのタバコの副流煙に悩みました。

だからこそ分かることもあると思うので「役に立った」「いいな」と思う内容があれば、お気軽にSNSボタンで拡散していただけるとうれしいです(*^^*)

関連記事はこちら♪

    None Found