禁煙の効果が実感できた!福岡在住30代パパの禁煙体験談

禁煙妊娠夫

ご訪問ありがとうございます。管理人のみやびです。

最近では受動喫煙の問題が大きく取り上げられているので喫煙できる場所も
だいぶ限られていますよね。

マンションなどベランダで吸うことさえ、近隣の住民からクレームがでるなど
問題になっているようです。

今年は、全国組織の被害者の会が結成されて、約2カ月半で会員が約820人も集まったと
ニュースにも取り上げられていました。

タバコを吸う習慣はそう簡単にはやめられないと聞きますが、生まれてくるわが子のために
禁煙に取り組んみ、成功したパパもいらっしゃいます。

今回は、そんな素敵なパパからの禁煙体験談をご紹介したいと思います。

禁煙の効果が実感できたという30代パパ、いったいどんな効果があったのかも注目です。

実際にアンケートにご協力いただいた方の生の声なので、
あなたの旦那様にも読んでもらうと、禁煙のいいキッカケになるかもしれませんよ!

 

福岡県在住の31代パパが禁煙に成功した体験談

Q1.禁煙したのはいつですか?

妊娠中期

 

Q2.禁煙しようと決意したキッカケは何でしたか?

妻に禁煙するよう前々から言われており、自分でも子供ができたら禁煙しようと心に決めていました。

以前禁煙を試みたことがあるものの、他の人が吸っていたり仕事でストレスがたまっていたりすると
吸いたくなりなかなか禁煙を継続することができませんでした。

しかし、テレビやネットで子どもの受動喫煙の話題を目にすると自分の子供にはたばこの煙を吸わせたくない、
害になるものはできるだけ排除したいという気持ちになり、妻の妊娠をきっかけに禁煙をすることにしました。

 

Q3.自分から進んで禁煙しようと思いましたか?
それとも、周りから言われて禁煙しましたか?

自分から決意した

 

Q4.禁煙に成功した方法を詳しく教えてください。

まず、おこずかいをたばこを継続して買えないくらいの金額にしました。

お金があると吸いたいと思ったときに買えてしまうのでよくないと思い、
妻と相談しタバコ以外の必要品を買えるギリギリのおこずかいを毎月もらうようにしました。

次に禁煙をして間もないころは、飲みの席にもあまり行かないようにしていました。

お酒を飲むとタバコを吸いたくなってしまうのでそれを避けるためと、
飲み会では他の人が吸うのを見ることが増えるので自分に喫煙の刺激を与えないためです。

飲酒すると禁煙の意思が弱くなってしまう気がしました。

そして、あとは正直、気合と根性です。

2年経った今でも隣で人がタバコを吸っていると吸いたくなります。

煙を吸おうとしてしまいます。

しかし、2年も我慢したのだからという自信と、家族に健康でいてもらいたいという思いがあるので
自分から吸うことはないと思います。

自分が吸わなくても他人のタバコの煙が服について、それを家族が吸ってしまうと良くない
ということもあるようなので、それにも注意しています。

以前に比べると私も含め、タバコを吸わない人が増えてきたように思います。

特に若い世代です。

自身や家族の健康を心配する人にとってはいい傾向なのかなと思います。

妊娠中のタバコが止められない方におすすめの禁煙グッズはこれ!

2016.04.02

 

Q5.今でもタバコを吸いたいと思いますか?
または吸っていますか?

今でも時々タバコを吸いたいと思う。

 

Q6.禁煙してよかったことは何ですか?

まず、食事の量が増えました。

特に白米がおいしく感じられお替りしてしまうほどです。

そのおかげで体重が増えてきて、逆に少し量を抑えるようにしています。

そういうこともありますが、おいしいものを食べて、前よりよりおいしく感じられる
ということが素晴らしく、禁煙をしてよかったなと思います。

そして、単純に節約になりました。

喫煙をしていたときは毎月タバコ代がかかりますし、そのことで妻の機嫌がよくないこともありました。

確かに一箱数百円ですが毎月何箱も買うとなれば家計はそれだけ圧迫されていきます。

それは自分でもお金がかかっているなと思いながらダラダラと吸い続けていましたので
禁煙できてその分節約でき本当に良かったと思います。

最後に一番良かったと思うのは、やはり家族に対するタバコの健康被害が防げたことです。

ベランダや換気扇の下で吸っている方も多いと思いますが、
家にタバコ自体がないほうがより安全だと思っています。

子どもが小さいとその辺に置いてあったタバコを誤飲するという可能性もあるからです。

とは言っても外出すると少なからず受動喫煙する可能性はあると思います。

親としてはそれに敏感になることと自分自身が害を与えないことで、
子供には健康・安全面でより良い環境を作ってあげたいと思います。

 

Q7.受動喫煙についてどう思いますか?

特に小さい子供は自分で避けられないことなので親、大人が注意して防いであげるべきだと思います

赤ちゃんが産まれた後、タバコの受動喫煙の影響はどれくらい?

2016.06.24

 

Q8.喫煙が子供に影響しないようにするための、
あなたなりの工夫を教えてください。

まず自分自身の禁煙と外出先では喫煙している人の近くは通らないことです。

お店では禁煙席を選ぶようにしています。

 

いかがでしたか?

今回はパパからの禁煙成功体験談でしたが、
ご自身の性格を分かった上で、前もって環境から変えていましたね。

「おこずかいをたばこを継続して買えないくらいの金額まで減らす」
というのは、なかなか思いつかないことだと思います。

そうやって、気合と根性で禁煙してくれたパパだと
ママもうれしいですよね!

あなたも、禁煙がなかなかできないパパにこんな事例もあることを
伝えてみると、やる気になるかもしれませんよ!

関連記事はこちら♪

    None Found